税理士を選ぶ時に気になること

事業を起こして経営者になると、税理士と顧問契約を結ぶことが当たり前の様に言われています。実際に多くの経営者が税理士のサポートを受けているので、メリットがあるのでしょう。

起業を思い立ってから、実際に操業開始に至るまで、自力で行ってきた立場からすると、未だに税理士は、士業の中でも最も縁遠い存在です。

考えてみると、他の士業の方々に仕事を依頼する時には、目的が明確に決まっていました。作業の途中で気付かされることもありましたが、基本的には自分で把握していることを、必要に応じて代行してもらう形でした。

しかし税理士については、目的が漠然とし過ぎています。これは税制に対する理解度が影響しているのでしょう。それだけ税制はとらえどころがなく、どのポイントを抑えておくべきなのかすらわかりません。

そのために、創業後に税理士を選ぼうと思った時、何を基準にすればよいのか困ることになります。

まずは税金の計算と、申告までの手続きをしっかりとしてくれることが一番なのでしょう。そこに顧問契約という形が有効だと推測出来ます。

税金の計算をしてもらうためには、事業の経営内容をすべてさらけ出すことになるでしょう。情報量が膨大になることから、定期的な受け渡しが必要なことはわかります。

そのために、定期的に訪問をしてもらい、必要な資料を受け渡し、気になることがあれば相談をするというサイクルが自然と形成されるのでしょう。

ここで気になることは、経営内容をどこまでさらけ出してしまって良いのかということです。かなり信頼を置ける人物でなければ、仕事だからといって割り切ることも難しいと思います。

聞くところによると、定期的な訪問に、税理士本人が来ない場合も少なく無いと聞いています。加えて訪問に来る担当者が固定されない場合もあるとか。

そのような税理士事務所にはとても依頼する気にはなれません。やはり相談相手にはプロであることを求めますし、話し相手の継続性も求めたいところです。

税理士事務所の多くが個人経営であることから、組織の大小が、税理士のノウハウのレベルにはつながらないと思っています。

とは言え、経験から来る得意分野には偏りが生まれるでしょうから、自分の事業に詳しい税理士を選ぶことは当然のことでしょう。

また見逃しがちなのは、比較的若い世代でも、IT技術に疎い人がいることです。メールのやり取りがぎこちなかったり、会計ソフトの使い方が下手だったりすることが、案外珍しくありません。

決して安くはない顧問料を支払って契約する訳ですから、事業によい影響をもたらす税理士を選びたいと思っています。